HSPさんはすぐに泣いてしまう?涙もろい理由と対策

「会社で注意をされたときに、泣きそうになってしまう」「本音を話そうとしたら涙があふれそうになる」といった経験をされたことはありませんか?

実は、こういったエピソードは多くのHSPさんが経験されていることなのです。

そこで今回は、HSPさんがすぐに泣いてしまう理由と、泣きそうになったときの対策についてお伝えしていきます。

また、涙もろさは心の病気のサインでもあるため、すぐに泣いてしまう自分に悩んでいる方は、ぜひ最後までご覧ください。

HSPさんがすぐに泣いてしまうのはなぜ?

すぐに泣きそうになるのは、HSPさんの特性でもあります。

ここでは、どういった気質が涙もろさに関係しているのかをお伝えしていきます。

共感力が高く、感受性が豊かだから

優れた共感力と豊かな感受性を持っているHSPさんは、さまざまな刺激で感情が高ぶりやすくなります。

非HSPさんが共感できないような場面でも感情移入することが多いため、涙を流す機会も増えるでしょう。

本音を話すのが苦手だから

人からどう見られているか、相手がどういう気持ちになっているかを気にするHSPさんは、本音を話すことに苦手意識があります。

「本当の気持ちを伝えたらどう思われるだろう」と不安になると、涙を流したくないのに勝手に流れてしまうでしょう。

自分を責めすぎてしまうから

怒られたとき、注意を受けたときに泣いてしまうHSPさんも多いはず。

責任感の強いHSPさんは、ミスした自分を必要以上に責めたり、重く受け止めすぎてしまったりすることもあります。

そのため、周囲の人からするとちょっとした注意であっても、心に大きな負担がかかって涙があふれてしまうでしょう。

HSPさんが泣きたくなったときにはどうすればいい?

仕事でミスをしたとき、注意を受けたとき、つらい言葉を受けたときなど、HSPさんはさまざまな場面で涙があふれそうになってしまいますよね。

ここでは、HSPさんが泣いてしまいそうなときにおすすめの対処法を紹介していきます。

ひとりで過ごせる場所に移動して、気持ちを落ち着かせる

職場や外出先で泣きそうになったときは、できればひとりで過ごせる空間に移動しましょう。

その場を離れて休憩室や給湯室、お手洗いなどに移動すると、少し気持ちも落ち着かせやすくなります。

感情が高ぶった状態ではすぐに涙があふれてしまうので、ひとりになってから一度深呼吸してみてくださいね。

信頼できる人に話してみる

感情があふれそうなときには、信頼できる人に気持ちを伝えてみるのもおすすめです。

抱えていた感情を実際に言葉にしてみることで、気持ちが落ち着いたり、すっきりしたりするでしょう。

ひとりですべてを抱えてパンクしてしまわないように、信頼している家族や友人、恋人などを頼ってみてくださいね。

ひとりの空間で思いっきり泣いてみる

無理に感情を抑え込んでいると、心にも大きな負担がかかってしまうので、涙が出そうになったときには思いっきり泣いてみるのもよいでしょう。

職場などの人前で泣くことには抵抗があるかと思いますので、自宅でひとりになってから感情を思い切って外に出してみてください。

我慢するよりも気持ちがスッキリする可能性があるので、自分の感情を尊重してたくさん泣いてみましょう。

すぐに泣いてしまう原因は、HSPの気質だけではない

「感受性が豊かで涙もろい」というのは、HSPさんの生まれ持った特性です。

しかし、この特性が当てはまる人すべてがHSPというわけではありません。

昔から涙もろいわけではなく、「突然涙がでるようになった」「これまでは平気だったことも、つらく感じるようになった」という場合は、心の病気が隠れている可能性もあるのです。

たとえば、うつ病や適応障害の方にも、「すぐに泣いてしまう」という症状が現れます。

「最近涙もろくなった」「就職してからすぐ泣くようになった」というように、これまでの自分との違いを感じている場合は、念のためカウンセリングを受けた方が安心できるでしょう。

また、HSPの繊細さを持っているがゆえに、心の病気にかかってしまうこともあります。

涙もろさだけでなく、眠れない、集中できない、体がだるい、人と話したくない、といった症状が気になる方も、カウンセリングを検討してみてください。

まとめ:すぐに泣いてしまうことで悩んでいるならカウンセリングの検討を

HSPさんは感受性が豊かなため、非HSPさんよりも泣いてしまう機会が多くなることもあるでしょう。

そんなHSPさんの中には、涙もろい気質に生きづらさを感じている方もいらっしゃるかもしれません。

また、「自分がHSPだからすぐに泣いてしまうのか、心の病気なのかわからない」と不安に感じていることもあるでしょう。

そんなときには、不安や生きづらさを放置せず、カウンセリングで専門家に頼ることも大切です。

当カウンセリングルームでは、HSP・うつ・不安障害で悩んでいる方を対象に、オンラインカウンセリングを実施しております。

カウンセリングは、Zoom・Skype・LINE通話で行っておりますので、少しでも不安を感じている方は、ぜひお気軽にご相談ください。

2月先着3名様
初回カウンセリング
45分 5,000円 

※はじめての方は初回カウンセリングをお申込みください。
※初回はオンラインでカウンセリングを行っています。Zoom・Skype・Line通話でのカウンセリングが可能です。
※初回カウセリングでは、現在のあなたの状態をお伺いして、今後の目標や方針を決めていきます。



LINEでのご相談


HSPやアダルトチルドレンのご相談を受け付けています。
HSPやアダルトチルドレンのお悩みの方やカウンセリングご希望の方は、友達追加ボタンを押して、メッセージをお送りください。