HSPさんの上手に恋愛を進めるために気を付けるべき4つのポイント

1対1で関係性を深めていく「恋愛」においては、HSPの特性が多くの場面で難しくさせさせてしまうこともあるでしょう。

今回は、そんな「HSPさんの上手に恋愛を進めるために気を付けるべきポイント」について解説していきたいと思います。

4つ挙げていきますので、それぞれのポイントを理解して、恋愛に役立てていきましょう。

「共依存」しやすい

HSPの人は、恋愛をする相手も慎重に選ぶ傾向にあります。

「この人ならばうまく付き合っていけるだろう」と思った場合だけ、勇気を出して男女関係を深めることができるのです。

しかし、その「大切な恋愛」という意識が「共依存」を強めてしまう要因ともなってしまいます。

大事に想うからこそ、「相手がいなくなってしまったらどうしよう」と考えてしまうわけです。

HSPさんが上手に恋愛を進めるために気を付けるべきポイント

HSPさんは「共依存を起こしやすい(愛情が重くなりやすい)」という性質があります。

しかし、だからといって幸せな恋愛ができない訳ではありません。

その性質を自身でよく理解し、工夫をすることで、上手に恋愛を進めていくことも十分に可能となります。

それでは、具体的な気を付けるべきポイントを挙げていきましょう。

ポイント①「趣味を作る」

HSPさんは、恋愛において常に相手のことを考え、気にしすぎてしまう傾向にあるので、自宅で考え込んでしまうことも多くなります。

一度不安が頭の中に浮かぶと、

「あの言葉はもしかして彼氏の気を悪くさせてしまったのでは」

「嫌われないかな」

「なんてLINE入れたらいいだろう」といったように、不安が次から次へと浮かんできてしまいます。

このように「負のスパイラル」に陥ってしまうわけです。

心理学では、「反芻思考(はんすうしこう)」と呼んでいますが、悪い思考がぐるぐると繰り返し頭の中に浮かび、考え込んでしまうのです。

この状態に陥らないようにするために重要となるのが、「別の物事に意識を移動させること」です。

要するに、反芻思考を一度でも良いので強制的に断ち切ることで、考え込んでしまう状態から脱することができるということです。

例えば定期的にプチ旅行や友人とテニスやボーリングなどのスポーツを行ったり、好きなアーティストの推し活をしたりするのも良いでしょう。

恋愛とは別の趣味を作ることで、自然と落ち込む回数を減らすことができます。

ポイント②「リラックスできる環境を作る」

HSPさんにとって、「安心できる場所を作ること」は非常に重要です。

学校や職場でも、HSPの性質を理解している友人や同僚を増やし、何かあった時に守ってくれる人がいる環境を作るべきです。

また、「1人になれる場所」をいくつか考えておくことも重要です。

そして、自宅ではとにかくリラックスできる環境を作ることを心掛けましょう。

遮光カーテンなどを活用して光を遮断できるようにするのも良いですし、防音の工夫を施し外の音がなるべく入ってこないようにするのもおすすめです。

アロマを焚き、落ち着けるBGMを流しリラックスできる状態を積極的に作るなどすれば、日中の精神的ダメージを上手に回復させることができるはずです。

精神的に良い状態を作ることができれば、必然的に恋愛に対してもポジティブに考えられるようになることでしょう。

まとめ

今回は、「HSPの30代女性が上手に恋愛を進めるために気を付けるべきポイント」について解説してきました。

  • 趣味を作る
  • リラックスできる環境を作る

「HSPだから私は恋愛できない」と感じてしまっている方もいますが、ここで挙げたポイントを意識すればきっと上手に恋愛を進めていけるはずです。

焦らずにゆっくりと実践してみてください。

2月先着3名様
初回カウンセリング
45分 5,000円 

※はじめての方は初回カウンセリングをお申込みください。
※初回はオンラインでカウンセリングを行っています。Zoom・Skype・Line通話でのカウンセリングが可能です。
※初回カウセリングでは、現在のあなたの状態をお伺いして、今後の目標や方針を決めていきます。



LINEでのご相談


HSPやアダルトチルドレンのご相談を受け付けています。
HSPやアダルトチルドレンのお悩みの方やカウンセリングご希望の方は、友達追加ボタンを押して、メッセージをお送りください。